徹底した衛生管理

徹底した衛生面へのこだわり

あくね歯科クリニックの徹底した衛生管理

外科処置を伴うインプラント治療をおこなうためには、感染しないように清潔で減菌対策が練られている環境の手術をおこなう必要性があります。インプラント治療をおこなっている歯科医院でも、専用の手術室を設けず一般の診療チェアーでインプラント手術をおこなっている歯科医院が多いそうです。

インプラントの専用手術室でなくても、滅菌対策や清潔な環境づくりに配慮していれば問題ありません。しかし今まで歯を削っていた場所で、滅菌管理もせずそのまま治療をおこなうような環境は好ましくありません。
衛生的で滅菌対策が整っているのか、その医院が意識しているかどうかということは非常に重要です。
当院では、最新鋭の衛生設備である完全滅菌オペ室などを備えるとともに、スタッフ全員が一致団結して衛生的な体制を整えています。

あくね歯科クリニックは、名古屋でも数少ない
厚生労働局から認可された歯科外来診療環境体制加算医院です。

近年、歯科医院における医療事故や感染事故など多くのメディアでも取り上げられています。
あくね歯科クリニックでは、患者さまにより安心して通院していただけるように、安全面と衛生面においての設備基準を満たし、厚生労働局から認可を得ている歯科医院です。

歯科外来診療環境体制加算医院の設備基準

  • (1) 医療安全対策にかかわる研修を修了した常勤の歯科医師が1名以上配置されていること
  • (2) 歯科衛生士が1名以上配置されていること(非常勤であっても可)
  • (3) 緊急時の初期対応可能な医療機器(AED、酸素ボンベおよび酸素マスク、血圧計、パルスオキシメーター、救急蘇生セット、歯科用吸引装置)を設置していること
  • (4) 診療における偶発症等緊急時に円滑な対応ができるように、別の保険医療機関との事前の連携体制が確保されていること
  • (5) 口腔内で使用する歯科医療機器等について、患者ごとの交換や、専用の機器を用いた洗浄・滅菌処理を徹底するなど、十分な感染症対策を講じていること
  • (6) 感染症患者に対する歯科診療について、ユニットの確保等を含めた診療体制を常時確保していること
  • (7) 歯科ユニットごとに、歯の切削や義歯の調整、歯の被せ物の調整時等に飛散する細かな物質を吸収できるように、歯科用吸引装置等を設置していること
  • (8) 歯科診療にかかわる医療安全管理対策を実施している旨の院内掲示をおこなっていること

完全滅菌オペ室などの設備以外の、私たちの具体的な取り組みとしては院内感染を予防し安全な歯科治療をおこなうために、治療に使用する器具はすべて完全滅菌処理をおこない、滅菌パックに保管しています。
さらに、器具に合わせて複数の滅菌器を使い分けることにより、細菌を完全に死滅させています。そして、手袋やエプロン、注射針、麻酔のカートリッジなどは、すべてディスポーザブル(使い捨て)のものを使用しています。このようにあくね歯科クリニックでは日本トップクラスの完全滅菌システムを導入し、患者さまのお口に入るものはすべて完全滅菌してから使用しています。 また、滅菌をおこなう器具に合わせて、当院では3つの滅菌機器を使い分けています。

完全滅菌を実現するための設備

歯科専用自動洗浄機

口の中で扱うものとして感染をいかに防ぐかはとても大切なことです。 歯科専用の洗浄機を導入している歯科医院はまだ数が少なく、手洗いで器具を洗った場合と比較すると洗浄力も違い、器具についた様々な付着物を確実に落とすことが可能です。 完全に洗浄された器具はパッキングされ滅菌器にかけられ患者さんの口腔内にはいるまで無菌状態で保管されます。

最新滅菌器 DACユニバーサル

精製水を用いて歯科用ハンドピースやタービン、コントラなどの内部・外部の洗浄からオイル注油まで行える装置で洗浄時間12分という短時間で完了させることが可能です。 また、専用のバスケットを使用すると歯科用ハンドピースやタービン以外の小さな部品や器具も滅菌することができます。

高圧蒸気滅菌器

オートクレーブと呼ばれる高圧蒸気滅菌器を使用し、診療で使用した器具を滅菌していきます。 医療機関で最も使用されている確実な滅菌器で121℃、2気圧で30分の滅菌を行い、細菌やウイルスを死滅させます。
完全滅菌で患者さまの口腔内の治療をおこないます。

乾熱滅菌器

乾熱滅菌器とは160℃か200℃の熱で滅菌する器機でオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)の水蒸気に弱い器具など、どうしても滅菌できないものを滅菌する機器です。
熱に弱い器具は米国EPAより承認され、各国のガイドラインにおいて推奨されているサイデックスという液に浸し滅菌します。 当院では患者さまのお口に入るものはすべて完全に滅菌してから使用します。

設備紹介はこちら